Pocket

 

ナンパでの入り方は何でも良い

 

よく、岡田尚也のTAVをふだんやっている人は

ナンパでの入り方を

「ドロップ系」(これ落したよ)

「ロスト系」(このへんでペンギンみなかった?)

のどちらかでやっている方が多いですね

 

あたかも、ドロップ系やロスト系でやることが

TAVの方法なのだと

 

そう思っている人もいるようです

 

はっきり言います

全く違います

 

ドロップ系やロスト系で入る必要は全くありません

 

むしろ

「こんにちは」

だけで入っても

TAVと同じナンパにすることができます

 

最初の入り方は

ただ単に、最初の相手の反応を取るため

 

つまり、相手に気づいてもらうため

そのためにやっているに過ぎないのです

 

ナンパのメイン会話は共有スペース弄り

 

ナンパの入りはどんなのでも良いのです

むしろ

「こんにちは」

でも良い

 

大事なのは、そのあとです

 

最初に反応を取ったらどうするか

 

これからが、メインの会話になります

 

それが、今回紹介する

「共有スペース弄り」

になります

 

この共有スペース弄りをメインに

会話をしていきます

 

共有スペースとは何か?

 

これは

相手の女子に付随するものです

わかりやすいのは

 

相手の持ち物や服装など

あるいは、しぐさ

相手から出た言葉

 

などです

 

こうしたものを

会話の話題にしていきます

 

なぜ、共有スペースを話題にするのか

 

それは、共有スペースを話題にすることが

相手中心の会話になるからです

 

女子は、自分自身にしか関心がありません

 

だから、相手軸の会話を展開する必要があるのです

 

そのテーマで最も使いやすいのが

共有スペースであるというわけです

 

共有スペース弄りの実際

 

非誠実系では

「弄り・ふざけ」

を主体とした会話展開をしていきます

 

共有スペース弄りも

弄りやふざけを主体とした会話展開をしていく必要があります

 

特に使いやすいのが

「マッチポンプ式の会話」

 

つまり、上げておいて

次に落とす会話です

 

これだけで、ユニークな感じになります

 

「そのバッグ素敵ですね。どこから拾ってきたんですか?」

「その靴素敵ですね。踏んでいいですか?」

 

あたりの会話は

いずれもマッチポンプ式の会話になります

 

このように、共有スペースを使い

マッチポンプ式会話で弄る

 

こんな会話を心がけると

 

自然に相手の反応が大きくなり

相手を楽しませる会話になります

 

 

無料でコンサルをいたします

どんな内容でもお気軽にご相談ください

ナンパでの実際の会話内容を知りたい方はこちら

  ↓          ↓

 

 

無料メルマガ登録はこちらです

ナンパについての最新情報をお伝えします