Pocket

ナンパ場所については

様々な媒体で紹介されていますので

場所自体の説明は

簡単にしておきます

 

例えば

ナンパ激戦区と言われている

渋谷、新宿、池袋

 

これらは

反応が厳しく

いわゆる「ガンシカ」が多い場所です

 

ただ

ターゲットが豊富で、層も厚く

ターゲット選定に困ることはありません

 

さらに

ナンパ場所の近くに

ラブホテルがある

 

これは

即を狙うなら

絶対条件ですね

 

 

よく初心者がやる場所として

銀座や表参道があります

 

ここは

ターゲットのレベルが高いのに

反応が良い

 

まさに

パラダイスともいえます

ただ、欠点なのは

近くにラブホテルがない

 

即は難しい場所になります

 

 

初心者のうちは

反応の良いところでナンパすることは

大事です

 

ガンシカばかりだと

心が折れますからね

 

ただ

ナンパにも慣れてきて

ちらほらゲットできるようになってきたら

 

今度は

激戦区でやることが必要です

 

なぜなら

やはり即を狙うこと

ガンシカに対して慣れていくこと

 

これが上達には欠かせないからです

 

ガンシカは

とかくマイナスなイメージを持たれますが

決してそうではありません

 

激戦区では確かに

反応が悪い

けど、それはわざとそうしているに過ぎません

 

反応の悪い女子が集まっているわけではないのです

 

キャッチが多いから

バリアーを張っているだけです

 

このバリアーを外すこと

これができれば

むしろ

差別化できるのです

 

多くのナンパ師は

ガンシカであきらめていきます

 

それを打ち破るアプローチを仕掛ける

それだけでオープンすることが少なくありません

 

つまり

激戦区では

ガンシカを崩すだけで

オープンしやすい環境なのです

 

逆に

反応の良い街では

反応は得られているのに

いまいちオープンしていない

こんな中途半端な状況がよく起こります

 

どちらを取るかになりますが

 

ナンパ師として上達したければ

迷わす激戦区でやりましょう

 

 

凄腕ナンパ師たちは

全員

激戦区で腕を磨いています

 

差別化するナンパをするなら

激戦区という発想で

 

 

意識していきましょう

 

この記事についてのお問い合わせ

お待ちしています

以下のフォームよりお願いいたします