Pocket

今回は

ナンパの声かけのテクニックを書いていきます

 

まずあなたは

最初に声をかける第一声は

どんな感じですか?

 

「こんにちは」

ですかね

 

まぁ、最初の第一声は

それでも良いですが

そのあとどうしますか?

 

普通の会話にしていませんか?

 

これだと

反応が取れても

なかなかお互いの距離が縮まりません

オープンという状態に持っていけないのです

もともと、相手はこちらに対して

警戒感MAXなので

 

ではどうするか

一刻も早く笑わすことです

 

以前、感情を揺らす会話が大事と言いましたが

声かけにおいては

まず声かけて2,3往復の間に

笑わすこと

 

これが本当に大事です

最初の段階で笑いが取れないと

どんどん局面が難しくなっていきます

 

たとえば

会話は続くけど

相手が全然楽しんでいない

距離が縮まらない

 

これは

相手の感情が動いていないからです

 

会話がいくら続いていても

相手の感情が1ミリも動いていない

 

誠実系ナンパでは

よくこんなことが起こります

 

この状態で連れ出しやバンゲをしても

ゲットまではなかなかいきません

 

ナンパでは、最初が肝心なのです

 

声かけて最初に相手を笑わせる

最初に相手を楽しませる

 

このマインドでナンパすることが大事です

 

弄りが大事と言いましたが

弄りは、相手が笑ったら入れていけば良いのです

 

それまでは入れていく必要はありません

 

相手が笑ったことに対して弄っていけば良いのです

 

例えば

昨日もここで笑ってたよね?

もう酔ってるでしょ?

箸が転がっても笑う人?

 

 

このときに大事なことを言います

 

相手が笑ったら

こちらも笑いましょう

 

これを

「煽り笑い」

といいます

 

なぜこれをするのかというと

 

相手が笑った楽しい雰囲気を

さらに盛り上げるためです

 

しかし注意すべきことは

相手が笑うまでは

絶対にこちらは笑ってはいけません

 

こちらが最初に笑ってしまうと

ただのキモイ人になってしまいます

 

必ず相手が笑ったのを確認してから

煽り笑いを入れる

 

つまり流れはこうです

 

1.最初のやり取りで必ず笑いを取る

2.相手が笑ったのを確認する

3.煽り笑いを入れる

4.笑ったことに対して弄りを入れていく

 

この順番を守っていきましょう

 

この記事についてのお問い合わせ

お待ちしています

以下のフォームよりお願いいたします