Pocket

 

心理学でナンパ

 

ナンパで活かせる心理学の方法とは?

 

ナンパというのは

「わずか数分という短時間で相手の女子と距離を縮める」

という行動です

 

これは、普通に考えると

簡単ではないことがわかりますね

 

そこで、ナンパをする側とすれば

「高度な心理戦」

を制する必要があります

 

実はナンパというのは

心理学のテクニックを総動員するのです

 

つまり

結果にフューチャーするなら

心理学の知識は欠かせない

ことになります

 

これから、ナンパでよく使用する

心理学のテクニックを紹介していきたいと思います

 

ハロー効果

 

ハロー効果は

「声をかけた人の第一印象が大きな判断基準になる」

というものです

 

ナンパでは

トーク力は大変大事です

 

しかし

そのトーク力があっても

全く活かせない場合があります

 

それは

「ルックス」

です

 

ルックスがちゃんとしていれば

相手の女子が少なくとも話を聞いてくれる

 

逆にルックスでマイナスをくらうと

話さえ聞いてもらえない

 

まさに土俵に上がれない

ということが起きます

 

つまり、ナンパで話をするためには

まず

「ルックスを整える」

ことが何よりも大切になります

 

吊り橋効果

 

人って

好きな人といると

ドキドキしますよね

 

でも逆に

ある人と一緒にいたとき

ドキドキすることがあったとしましょう

するとたまたま居合わせた人に異性を感じる

 

これが

「吊り橋効果」

です

 

ナンパでも同じです

まず、相手に異性を感じさせたかったら

 

まずドキドキさせる

つまり

相手の感情を揺さぶるのです

 

非誠実系ナンパでは

美女の感情を揺さぶることにより

異性を感じさせます

 

 

返報性の原理

 

人は、何かをされると

それを相手に返そうという性質があります

 

これを

「返報性の原理」

といます

 

つまり、相手に何かをしてほしいときは

まずこちらから何かをする

これが大切になります

 

例えばナンパでは

相手に心を開いてほしいと思ったならば

 

まずこちらから先に相手に心を開くことが大切になります

 

相手にオープンしてほしかったら

まず相手を楽しませる

相手を笑わせる

ということが最も近道なのですね

 

 

ミラーリング

 

人間は、自分と同じしぐさをする人間に

親近感を抱きます

 

ミラーリングは

対人場面ならば効果的に使えます

 

ナンパでも

わざと相手の歩き方や話し方を真似ることにより

相手に親近感を抱かせることができます

 

ペーシング

 

人間は、自分と同じペースで物事をしている人に

親近感を抱きます

 

ナンパでは

相手の歩くペース、話すペース、呼吸のペースを

わざと合わせることにより

 

相手に親近感を抱かせることができます

 

ダブルバインド

 

物事の頼むとき

 

単純に頼むよりも

何かと

「二者択一」

にしたほうが

聞いてくれやすくなります

 

例えばお茶に誘いたいとき

 

単に「お茶に行こう」と言うよりは

「お茶にする、それとも映画にする」

と二者択一にしたほうが

 

お茶に応じてくれる確率は高まります

 

ドア・イン・ザ・フェイス

 

相手に物事を頼みたいとき

 

まず大きな頼み事をしておいて

そのあとに小さな頼み事を持ってくる

 

小さな頼み事を聞いてくれる確率が高まります

 

ナンパでは

まず連れ出しをしっかり打診し

そのあとにLINE打診をする

 

LINE打診が通る確率が高まります

 

 

無料メルマガ登録はこちらです

ナンパについての最新情報をお伝えします

さらに今なら登録者限定特典動画

「モデル・芸能人・女子アナをワンコインでゲットする方法」

が漏れなくついてきます

↓       ↓