弄るだけではダメ

最近、弄りの大切さばかり書いてきました

なぜ弄るのかは

納得いただいたと思います

 

でも、あなたはこう言うでしょう

でも、やっぱりうまく弄れません

 

わかります

私も最初は全然うまく弄れませんでしたので

 

TAV通りやろうとして

弄った挙句

相手が本当に不機嫌になって

そのまま帰ってしまったこともありました(笑)

 

実は

我々、弄りがあまりうまくない人間には

とても大事なことがあるのです

 

 

TAVでも初期の頃は

あまりこのことに触れていませんでした

でも、最近のTAVでは弄り以上にこれを強調しています

 

そもそも、これが言われ始めたのは

岡田自身が

弄りが下手な人には、ある大事な特徴がある

ことに気がついたからだといいます

 

それは何かというと

ズバリ

弄りが下手な人は

弄られるのも下手である

 

ということなのです

 

岡田は

無意識のうちに

この弄られることを行っていたのですね

 

でも

意識してみると

弄りが下手な人は

弄ってばかりで

弄られることがない

 

というより

弄られることができない

 

ということがわかったのです

 

この弄られるって

どういうこと?

 

当然の疑問だと思います

 

この弄られる会話のことを

 

「受け身会話」

といいます

 

詳しくは次回でお話します

 

この記事についてのお問い合わせ

お待ちしています

以下のフォームよりお願いいたします

 

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須題名
    必須メッセージ本文

    無料メルマガ配信中
    美女ゲットメルマガ

    登録された方には、美女ゲット170人の人間しか知りえない貴重な情報を、こっそりお流しします。
    さらに今なら登録特典動画
    「ワンコインで、モデル、芸能人、女子アナをゲットする方法」
    を登録者全員にもれなくプレゼントいたします!


    ABOUT US

    wakaナンパ塾塾長
    元予備校講師 東大大学院卒(脳科学専攻) NLP有資格者 ブサイク、背が低い、コミュ障という3大非モテ要素を持ち、女に縁のない青春時代を送る。 婚約者と6年前に別れたショックから立ち直るためにナンパを始める。 以来私は、この方法に従って非誠実系ナンパを極め、現在までに20代前半の美女を数多く(150人以上)ゲット。その中には、モデルや芸能人などの「S級美女」も含まれる。