Pocket

バッグを下げている女子

最初に反応が取れない壁

 

ナンパで声をかけるとき

最初に立ちはだかる大きな壁

それは、相手の反応が取れない

反応が取れてもそれを大きくできないことです

 

せっかく勇気を持って声かけしたのに

ろくにオープンもせず終わってしまったのでは

なかなかモチベーションが上がりませんね

 

では、なぜ反応が取れなかったり

反応を大きくできないのでしょうか?

 

それは

反応が取れる、大きくなるような

声かけをしていないからです

 

この部分は

そういう声かけをするだけで

あっという間に克服できます

 

では、どうすれば良いのでしょう?

 

共有スペースを弄る

 

TAVを聴いていると

岡田はよく

「共有スペース」

という言葉を使います

 

「この子の共有スペースは○○だから」

とか

 

この共有スペースって何でしょう?

 

それは

その子自身に関係するもの

例えば

1.身につけているもの(服、バッグ、マフラー、帽子、靴など)、髪

2.しぐさ、歩き方

3.醸し出している雰囲気

4.その子が発した言葉

 

のことを言います

 

なぜこの共有スペースを弄ることが大事なのでしょうか?

 

それは

女は自分自身にしか興味がないからです

 

つまり、相手のことは基本的に興味がない

どんな面白い恰好をしていようが

基本的に無関心なのが女子なのです

 

それよりも

自分のことを話題にしてほしい

自分が常に話題の中心でいたい

 

そう考えるのが女子なのです

 

そのために

共有スペースを弄ることが

鉄板になります

 

というわけで

例えば

「こんにちは」

で第1声をかけたあとは

 

共有スペースを弄るほうが

圧倒的反応が取りやすくなります

 

また、反応が取れたあとも

共有スペースを話題にすることによって

反応を大きくすることができます

 

ここで気を付けてほしいのは

女子のことを話題にするといっても

女子自身のことは話題にはしません

 

あくまでも、女子が身につけているものなど

女子の周辺部です

 

ここが大事で

よく

君って可愛いね

など、女子自身のことを言ってしまう人がいますが

これだと逆に反応が落ちてしまいます

 

女子は、直接的な言葉を嫌うのです

あくまでも間接的にが大事

だからこそ、共有スペースが大事なのです

 

 

実際の共有スペースの弄り方

 

初心者が最も見つけやすい共有スペース

それはズバリ

 

相手の身につけているものです

 

ナンパを始めたばかりは

この身につけているものを弄っていきます

 

身につけているものを観察し

何か指摘できるものがないか

探します

 

例えば、とても高級そうなバッグを持っていたとしましょう

 

このとき、こう弄ります

 

♂「めっちゃ素敵なバッグですね」

 

♂「感動しちゃいました」 あるいはブランドがわかったら「○○のバッグですよね」

 

♂「どこで拾ったんですか?」 あるいは 「どこから盗んできたんですか?」

 

素敵なバッグだと褒めておいて

次の「拾った」「盗んだ」

で落しています

 

女子は、身なりには常に気を使っているので

自分が力を入れたところを褒められるのは

悪い気はしないです

 

だから、お洒落なバッグを褒めることによって反応を取る

 

そして、反応が取れたら

今度は

弄りやふざけを入れるために

落していく

 

こうして、反応を大きくしていきます

 

もちろん、この弄りに対しては

「拾ってません」「盗んでません」

 

という否定の言葉を期待しています

 

例えば

「拾ってません」

 

という言葉が返ってきたら

 

「拾ってないですよね」

「なんて失礼な奴なんでしょうね」

「殴っちゃてください」

みたいにフォローをしていきます

 

ナンパでは

この共有スペースに着目するだけで

飛躍的に腕が上がります

 

意識していきましょう

 

 

無料でコンサルをいたします

どんな内容でもお気軽にご相談ください

共有スペース弄りの方法を知りたい方はこちら

↓          ↓

 

 

 

無料メルマガ配信中

登録された方には、 美女ゲット100人の人間しか知りえない貴重な情報を、こっそりお流しします。